『歌うe.p.』リリース記念&ツーマン深堀インタビューvol.4:佐藤慎治

自身最大キャパシティでのワンマンで発表されたツーマンライブツアー<ghostnote presents 歌うツーマン>と、会場限定でのep『歌うe.p.』のリリース。今回彼らはどんな想いで決めていったのか。またツーマンの対バン相手についてメンバーそれぞれに語ってもらった。
ラストである第四回目では佐藤 慎治(Ba)から、東京ツアーファイナルで対バンするSUPER BEAVERと、『歌うe.p.』収録曲の製作やMVに込めた想いについて、お届けします。
shinji-utan-intv



■生きていかなきゃいけないから、自分に大事なものは何かって取捨選択していくわけやん。
■今の俺は考えた結果、全部バンドを選んでるよ。だから今がある。

―――『歌うe.p.』の中で一番「俺のベースやべぇ」って曲はどれですか?

佐藤:全部!!!(笑)詰め込みすぎた(笑)『やめてしまいたい』のインタビューの時に、ベースが高音なのって“普通だったら絶対にやっちゃいけないこと”って感じで言ってたけど、今回それほとんど入っちゃってるみたいな(笑)正直、もう時間がなかったから、何すればいいんだろうってなってて。魂と指を解放して、もう好きに弾いてって。俺の考えにないところ弾いてって全部まかしたら、もう(笑)よくこんなの思いついたなお前って(笑)

―――(笑)いつも動いてますけど、今回ほんと動いてますよね。

佐藤:『やめてしまいたい』の時は「あ、こうしよ!」ってかんじでパッと決めて作れたんだけど、今回まじでレコーディング当日まで何にも決まらなかったもん。録る瞬間まで、「やべぇ、わかんねぇ」って。だから「よし!まかそう!」ってもうね、指を解放した。

―――それで出来た曲達、聴きましたけど、まじ破天荒なのきましたね(笑)

佐藤:破天荒すぎるよな(笑)やりすぎたわ。真面目に考えたら基礎が出来てたから、出来たってゆう。曲聴いて進行もわかってるし、どうする?みたいなプランニングもちゃんと出来てて。そこまでできないとそれ以上のことって出てこないやん。やばい!コードに追いついてやるしかない!みたいな。そういうことにはならない自信があったから。ただ、何も思いつかなかったらコードだけ弾こうって思ってたけどね(笑)ほんと色々聴いてほしいねん。自由を得た証なんだ。色んなものが解放された。

―――解放されたきっかけとかあったんですか?

佐藤:ない!当日までほんと何も思いつかなかったから(笑)個人的には練るの好きなんだけどね。めっちゃアレンジしまくったり。でもそれをもうしなくなってるからこそ出来たことかな。ただ、一個だけこだわりはあって。全部指弾きで弾こうと思ってやったから、全部指弾きなんだよね。

―――「stranger」のMVで佐藤さんの指ばっかり観てしまいました。

佐藤:ベースのポジションがさ、昔は低くして動いてたんだけど、高くしてからはあんまり動かないほうがいいのかな~って。でもちょっと遊んでみようかなって。渋いベース弾こうかなって思って上にしたんやけどな~。

―――動かないほうがいいのかな感まったくないですけど(笑)

佐藤:だよね(笑)MVのスーツも結構練ったんだよ。ゆうすけは不満そうだったけど(笑)

―――皆さんテーマがあるんですよね。

佐藤:そうそう。俺の中で「バンドしてなかったらどうしてただろう?サラリーマンだったら?」って考えて、俺はバンドやりたいから、きっと心はイケてないんだろうなって。でも、だから見た目はちゃんとしようとか、俺考えてそう~て。

―――めちゃくちゃ考えてる(笑)

佐藤:めちゃくちゃ考えてん!深いの(笑)監督とも相談して。実際イケてない感じ出すなら、イケてないスーツ、イケてないサラリーマンの髪型とかだったほうがわかりやすいやん。でもそうじゃない!心の中には闇を持ってて「ほんとはバンドしたかったのに!」とか思ってる。でも格好はちゃんとしてるみたいな(笑)皆さ、「俺も昔は絵描きになりたかった」とか「会社起こしたけど失敗していまサラリーマン」とか色々あるわけやん。中学校でやめる人もいれば、高校でやめる人もいる。色んな人が夢を持ってたけど、くじけて、でも生きていかなきゃいけないから、自分に大事なものは何かって取捨選択していくわけやん。俺の中でそれは闇なんだよ。そんな軽い気持ちで消しちゃだめだよって思うけど、抱えすぎるとつぶれちゃうから。それ以上の楽しみを持つってゆう。それを表現したかった。

―――めちゃくちゃ深い!!!(笑)

佐藤:伝わらないだろうなとは思ってたけど、ほんとにすごい考えてた(笑)練ったんだよ。

―――佐藤さんも何回もその取捨選択の場面を乗り越えてきたんですよね。

佐藤:そう。今の俺は考えた結果、全部バンドを選んでる。だから今がある。
shinji-utan-intv2


■俺らが求めているひとつの答え。
■ビーバーは音楽でその答えを見つけたからすごい。

―――SUPER BEAVERとは結構昔からの中なんですか?

佐藤:昔まではいかないかな?4年前か5年前くらい。

―――出会いのきっかけは?

佐藤:おーちゃんとビーバー(SUPER BEAVER)の共通の知り合いのアーティストがいて、絶対ビーバーと合うよって話してて。なんでやったっけなぁ。理由は忘れたけど、一緒にツアー廻ろうってなったらすぐOKしてくれて。だから初っ端から一緒にツアー廻ってた。最近っちゃ最近なんだけど、すげぇいっぱい一緒にライブしたから盟友感ある。

―――今回なんでツーマンになったんでしょう?

佐藤:O-WESTでのワンマン終わって、CDリリースして、次のCDってなった時に、ワンマンじゃない何をしようってなって。そしたらツーマンかなって。で、東京は真っ先にビーバーの名前が挙がった。やりたい!出てくれるかな?って。んで、実際、話振ってみたら、出ます!って。ただZeppがあるからそのあとの公開になるけどって。嬉しかったよね。

―――4、5年前からの付き合いってことは結構な回数ライブを観てると思うんですけど、佐藤さん的に音源ではなくライブでこの曲最高!って曲はどの曲でしょう?

佐藤:「ホーム」って曲が好き。青春時代とか、思春期とかに聴いてた曲ってさ、聴いたらその時を思い出すみたいな、想い出の一部みたいになってるやん。言っても4、5年前だからもう大人やし、そんな気持ちになる曲ってほんとないんだけど、唯一そういう気持ちにさせてくれる曲なんだよね。この前のZeppでは演ってなかったなぁ。

―――どんな曲なんでしょう?

佐藤:ほっこりする。歌詞もそんな感じやねんけど、なんだろ、あったかい気持ちになる。

―――いい曲なんですね。最近の曲では何が好きですか?

佐藤:「証明」かな。俺、『ゴッドタン(テレビ東京)』が好きで。でもビーバーが『ゴッドタン』のエンディングやってるって知らなくて。普通にテレビ観てたらビーバーが流れてきてん(笑)おぉぉ!俺の大好きなテレビのエンディングやりやがって!って!(笑)でも悔しくはなくて、よかったわぁって嬉しくなっちゃった(笑)ビーバーの苦労も知ってるから。

―――1年間一緒にツアー廻ってたらもうそうなりますよね。SUPER BEAVERってどんなバンドですか?

佐藤:例えられない、例えにならない答えを見つけたバンド。俺らが求めているひとつの答え。そういうバンドが生き残るんよな。ビーバーは音楽でその答えを見つけたからすごい。エンターテインメントで見つけるパターンもあるやん。でもビーバーは音楽で見つけてんだよね。俺らもそこを求めてる。

―――求めているものから答えを見つけるって中々難しいですよね。純粋にかっこいいと思います。そんなSUPER BEAVERに一言ください。

佐藤:Zeppかっこよかったぜ。嬉しかったよ。

―――対バンが楽しみですね。

佐藤:よろしく!
shinji-utan-intv3


 

取材・文・写真◎鈴木佳菜
ライブ写真◎kodai @2016/4/16 岡山CRAZYMAMA 2ndRoom


【ghostnote RELEASE info.】

2016年4月16日発売(ライブ会場限定発売)
ghostnote「歌うe.p.」
価格:1000円+税
品番:TOTR-1602
レーベル: ”T”RUST OVER 30 recordings

<収録楽曲>
01.stranger
02.ing
03.生きて
04.僕≒君

utau-ep


【ghostnote MV info.】

ghostnote – stranger


【ghostnote LIVE info.】

“ghostnote presents 歌う2マン”
4/16(土) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room w/My Hair is Bad
4/17(日) 大阪十三FANDANGO w/バンドごっこ
4/23(土) 愛知名古屋CLUB ROCK’N’ ROLL w/phonon
4/30(土) 東京渋谷TSUTAYA O-Crest w/SUPER BEAVER

ご予約はこちらから